男も体験できる!大阪のM性感痴女による潮吹き指南|大阪ヘルス 痴女M性感(風俗)梅田ゴールデン倶楽部

open - close
TEL 06-6315-8888  info@63158888.com
防災避難対策
AED設置店

男も体験できる!
大阪のM性感痴女による潮吹き指南

目次
  1. 1.潮吹きとは
    1. 1-1.男性の潮吹きの基礎知識
    2. 1-1.女性との違い
  2. 2.潮吹き体験の流れ
    1. 2-1.事前準備と心構え
    2. 2-2.実際のセッション内容
    3. 2-3.予備知識としてのアプローチ方法
    4. 2-4.マッサージ技術とその応用
  3. 3.効果的な潮吹きのコツ
    1. 3-1.呼吸法・体のリラックス
    2. 3-2.パートナーとのコミュニケーション
  4. 4.潮吹きをするときの注意点
    1. 4-1.健康上の注意事項
  5. 5.まとめ

潮吹きとは?

男性の潮吹きの基礎知識

男性の潮吹きの基礎知識

「女性の潮吹き」はよく知られていますが、実は男性が経験できる「潮吹き」というものもあるのをご存じでしょうか。
「男性の潮吹き」とは、射精後も亀頭や陰茎などペニスに刺激を与え続けることにより、精液を含んだ尿が噴き出すようにして排出される現象のことを言います。
そのメカニズムは「射精後の刺激により、前立腺尿道部が活発に動き続けてポンプの役割を果たし、膀胱内の尿を吸い上げ、尿道口から尿が噴出する」と考えられています。
1回に出る液体の量は個人差があり、数mlから数100mlで、飛ぶ人だと飛距離は2mにもなることもあるそうです。
「男性の潮吹き」の快感はこちらも個人差はありますが、「全身が痙攣するような感覚」「射精よりも気持ちいい」と、ハマる人も続出しています。また、強い快感で射精したときほど、その直後の「潮吹き」も激しくなるみたいです。
ただし、快感も強烈な分、リスクも存在します。その点は後述しますので、よくご確認ください。

女性との違い

「女性の潮吹き」はオーガズムの前、もしくは最中に腟前壁を刺激することにより、女性の尿道から液体が排出される現象です。「潮吹き」の液体の主成分は尿で、スキーン腺(尿道口付近にあり、透明あるいは乳白色の液体を流出させる)からの分泌物も含まれていることが最近解明されています。見た目に似ている現象として、オーガズムに伴う尿失禁もあります。
吹き出す液体がほぼ尿であるところは男女共通のようです。女性と男性の違いを挙げるとすれば、その性的快感でしょう。 女性の場合は快感を伴わない場合も多く、イクというよりは放尿の感覚に近く、出してすっきりする感じです。
対して男性の方は基本的に気持ちが良く、射精感+放尿の心地よさで、通常の射精と比べてとても強い快感を得られるみたいです。

潮吹き体験の流れ

事前準備と心構え

事前準備と心構え

「男の潮吹き」では、コップ1~2杯程度の潮が出て、1~2m飛び散る場合があり、ベッドや部屋を汚してしまうことも考えられます。防水シートを敷いたり、風呂場など、汚れても大丈夫な環境でチャレンジするのがベターでしょう。
風俗店を利用するならば、その点は問題なくクリアです。潮吹き時の体は排尿時と同状態になります。なので膀胱に尿が残っていると失禁してしまうこともありますので、プレイ前にしっかり排尿しておきましょう。
なお肛門括約筋も緩むため、なるべく排便も済ませておきましょう。 「男の潮吹き」に至るまでには、くすぐったいようななんともいえない不快感を覚える人も少なくないです。その過程を我慢しなければならないことは心得ておいてください。もちろん、途中でもやめることもできますので、快感に集中できるようにリラックスして挑みましょう。

実際のセッション内容

一般的に「男性の潮吹き」が起きやすいのは、射精後2~3分の間。そこが勝負の時間です。強い快感で射精したときほど、その直後の「潮吹き」も激しくなるといいます。なので男性に射精を我慢させる「寸止め」を繰り返し、射精後の快感が強くなるように導きます。
射精後、勃起が維持しているうちに、亀頭の先端をさすって刺激します。ペニスが萎えないように片方の手で根元をぎゅっと押さえ、もう片方の手で亀頭を包み込むように愛撫します。ローションを使うと、皮膚の摩擦が軽減され、スムーズに刺激しやすくなります
射精後もさらにペニスを刺激し続けると、くすぐったいような我慢できない感覚が男性には訪れます。ここを耐えなければ「男性の潮吹き」には到達できません。我慢、我慢です。
そのうちペニスに熱を感じ始め、そこを過ぎると、「おしっこをしたい」と感じるようになるようです。尿意を感じ始めたら、ゴールはもう目の前です。
男性は放尿しそうな感覚が高まったら、我慢せずに漏らしてしまいましょう。下半身の力を抜いて肛門括約筋を緩め、排尿時同様にお腹に力を入れると、潮を吹くことができます。私たちは「出してもいいんだよ」「潮吹き見せて」と言葉を使って、吹きやすいようにサポートします。

予備知識としてのアプローチ方法

個人差がありますが、射精後、刺激を続けて10分~30分くらいで強めの尿意が来るみたいです。そこに至るまで、男性はひたすら我慢するしかありません。新しい扉を開くには、多少の努力は必要です。恥ずかしさをかなぐり捨て、心と体を解放するイメージで挑みましょう。また、プレイ直前の排尿後に水を飲むと潮吹きやすくなるみたいです。じっくり体験したい人は120分くらいの長めのコースを選ぶのが良いかもしれません。

マッサージ技術とその応用

よりスムーズに「男性の潮吹き」に導けるのが、マッサージとのコラボです。
体をマッサージされることにより、血流も良くなり、体もリラックスし、快感を得られやすい状態になります。
そこに性感マッサージが加われば、完璧といえるでしょう。性器および周辺への刺激により快感が増幅され、激しいオーガズムを経た後の「男性の潮吹き」を迎えることができるはずです。

効果的な潮吹きのためのコツ

呼吸法・体のリラックス

呼吸法・体のリラックス

大きな快感を得るには心身ともにリラックスすることが大事。リラックスには呼吸法が効果的です。
まず鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、おへその下に空気を溜めていくイメージでお腹をふくらませます。ここで4秒息を止めます。
つぎに、8秒かけて鼻からゆっくり息を吐きます。お腹をへこましながら、からだの中の悪いものをすべて出しきるイメージで行いましょう。

パートナーとのコミュニケーション

「男性の潮吹き」を体験するためには、パートナーとのコミュニケーションは欠かせません。常に自分の状態「快」「不快」をしっかり伝えましょう。
射精後に敏感な亀頭を刺激されると不快感を感じる男性は多いです。最初は短時間から始めるのも良いでしょう。我慢するのが難しければ、相手にそれを伝え、後日再チャレンジするのもありです。自分自身に無理のない範囲で行いましょう。
また、亀頭を強く刺激するのはNGです。私たちはローションを活用するなど強過ぎる刺激を与えないようにしています。万が一苦痛を感じた時にはしっかり「痛い」とパートナーに意思疎通を図りましょう。

潮吹きをするときの注意点

健康上の注意事項

強い快感が得られる「男性の潮吹き」には、実はやりすぎると以下のような悪影響があるとも言われます。
1つ目は早漏や遅漏といった射精障害です。正常な性交に支障をきたし、男性不妊につながることもあります。なかでも「遅漏」の危険性が高いとのことです。「男性の潮吹き」での性的快感に慣れてしまい、通常の性交において得られる刺激では射精できなくなってしまうらしいのです。逆に「潮吹き」を急ぐあまり、過度な性的刺激を与え続けた結果、過敏に反応するようになって、結果的に「早漏」になるというパターンもあるらしいです。
2つ目は勃起不全(ED)です。ペニスや前立腺を刺激し続けることにより、陰茎海綿体や血管、そして神経などが傷つき、物理的に勃起しなくなる「器質性ED」を招く危険性もあるらしいです。
3つ目は尿道炎や膀胱炎です。射精後のペニスに対しての刺激で、尿道口から細菌が侵入し、尿道炎や膀胱炎、慢性前立腺炎などを誘発させることもあるそうです。
4つ目は正常な性行為で満足できなくなる可能です。射精とは異なる快感が得られるので、射精による快感に満足いかず、結果的にセックスできなくなる可能性があるとのことです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という諺があるように、何事もやりすぎは良くない結果を招いてしまいます。自分の体とも相談して、「男性の潮吹き」を楽しんでください。

まとめ

大きな快感を得られる「男の潮吹き」ですが、多少の心構えと多少の我慢は必要です。
あとはパートナーとのコミュニケーションをしっかり取ったうえで、心と体を委ねて、快感に没頭するのみ。
ただし、やりすぎにはリスクも伴いますので、そのことも理解されたうえで、楽しんでいただけたらと思います。